はじまり #3

さー、張り切っていこう! 秘蔵の過去日記発掘第3弾。






こばっちから、ギルドに入るかもしれないと言われた。


私はずっと一人でやってて、最近はこばっちと狩りに行っていて、
狩りといっても、ブリの東の森の奥まで行くっていう事だったんだけどね。


ギルドっていうものを、なんとなくは知っていたけど
なんか入ることに少し抵抗があった。

みんなが入ってるから、
自分も入ってしまうとなんだかみんなと一緒になてしまって
なんだかなー・・と。



こばっちはUOをやる前からの知り合いがいるので
その人たちの入ってるギルドに入るかもしれない、ということだった。


こばっちが入るなら私も入りたいなーと思ったけど
そういうのを積極的に言えない私(弱


こばっちが口を利いてくれるといっていたけど
ギルドに入るという抵抗もあってなんだか複雑。

こばっちが知らないところへ行ってしまう気がしてちょっぴり淋しい。



それからは、ブリの東の森で
こばっちを見かけない日が多くなった。


時々くるQのメッセージでは、TCの人たちとダンジョンへ行ってるとか、
フェルッカにいるとか!


フェルッカ!!!



おどろおどろしい。
もう出来ることならに二度と行きたくないあの世界に
こばっちは行っているというのか・・・。




恐ろしすぎる。





こばっちがどんどん遠くに行ってしまうのを感じて
すごく淋しかったことを覚えてる。



私は相変わらず秘薬を売っていた。
(相変わらずメイジスキル無し)



時々皮も売るようになった。


皮を@1~2gpで売ってた。
さすがに安いと評判で、私のことを覚えてくれる人もいたりして
それがまた楽しくて皮を剥いでました。


その頃コスチュームを青からオレンジに変えました。


理由は青い人って結構いるので
トレードマークっぽく、全身オレンジのピエロ帽にしてみた。




そして何日か過ぎ、

めでたく私もこばっちと同じギルドへ入れてもらうことになった。



ギルドハウスはフェルッカのマジンシア。
(今でもあります)※2010年現在はありません



その頃、町といったらブリテインしか知らなくて

時々ユーへ行ったりしてたくらいだったので
マジンシアという名前すら初耳だった。



しかもフェルッカ!(しつこい


昔はムーンストーンでしかフェルッカへ行くことが出来なかったので
まずはトラメルのマジンシアへゲートで連れて行ってもらう。
確かこーきだったかな。忘れたけどTCの人。



そしてついてきてと言われる。
が、当時ペン1MMX166でプレイしていた私には
馬で走っていかれるとついていくのが困難・・・


なんとかまってもらったりして砂浜へ。

というかはじめて見る街並にめちゃめちゃ興奮した!


そしてパーティを組んでフェルッカ側へ。


ギルド登録とフレンド登録をしてもらった。



名前が緑色です!



そのあとフェルッカのブリへ連れて行かれて
フェルッカでの注意点とかを教えてもらった気がする。

無言で近寄ってくるのはシーフだから
立ち止まらないように、と。


言ってる先からシーフ来てたけどね(怖



そんな感じで教えてもらって、
そのあとこばっちにメールでIRCの入れ方を教えてもらった。


IRC初導入。



ギルドTCのギルミスはLudwig(はなさん)さん。
ギルドIRCには大抵人がいてなかなかアクティブだった。


なんていうか私は、そういう集団にはじめて入るわけで
変にテンション上がって浮いてた気がしなくもない(汗


確か最初に狩りに連れて行ってもらったのは、ドラゴンがいる洞窟
今思えばダスタかな。


TCのギルメン6~8人くらいで行ったんだけど
私はほとんど何もできなかったと思うw


とにかくなんか緊張してドキドキしてよくわからなかった。
ああ、あと、ついていくの大変だった(遅



それからしばらく一人で遊ぶ時間が増えた。


その頃に、よくブリ2銀にいたNORIMASAさんに
魔法のことを教えてもらう。


NORIMASAさんは鍛冶GMで、よくNORIMASA印の武器とか落ちてたw(拾ったw



魔法についての講習を受け、スペルブックというものを作ることになった。




こばっちと狩りに行った時、TCの人たちの狩りについていった時
死体に残ったスクロールをスペルブックへドロップ。
コレを何度も何度も繰り返して作っていく。


私の最初のスペルブックはそうして出来たのです。



魔法についての事はほんとに全然知らなくて
ガイドブックを何度も何度も読んで



リコール・グレーターヒール・キュア・ナイトサイト



この辺りから使えるようにしようと言う事になったかな。



リコールが何度か唱えるとやっと成功するくらいのスキルになった頃
こばっちのセガラリー時代からの知り合いでTCメンの
いちごを紹介してもらった。




確かミノックの馬屋の前だったカナ。
バロンも一緒にいて、それまで「いちご」って女の人だと思ってたので
Fraiseっていう男キャラを見て「あぁぁ、、」と思った覚えがある。
一緒にいたバロンはいちごのリアル職場仲間。
無口な人でした。いや、いちごがよくしゃべってたからかなw




いちごもバロンも仕事が夜勤なので
プレイ時間は朝方が多いとの事だった。




私も当時夜に仕事することが多かったので
それ以後はほぼ毎朝一緒に遊ぶようになった。



5時頃仕事から帰ってきてIRCにはいると、
いちごとバロンはいつもいて
時々、こばっちやBEN先生がいた。



それとShizuneさんもいたかな。
ShizuneさんはTCメンなのかなんなのかサッパリ不明だったけど
なぜかいつもIRCにいた。
すごく謎な人で、発言も無い。謎過ぎでしたw





そんな感じで、こばっちしかいなかった友達が少しずつ増えていった。





土曜とか日曜はいちごも夕方からプレイできたりして
よくブリの東で魔法上げとかしてたなー。


当時は失敗上げというものが出来たので
FSを何度も繰り返していると魔法スキルがあがるという寸法だった。


が、


FSを何度も何度も唱えるには
SAとSSが大量に必要なわけです。



私は秘薬なんて自分で拾った分しか持っていなかったので
そんなスキル上げなんてとてもじゃないけど出来なかった。


こばっちはその頃にはもう、私なんかよりもお金も持っていて
貧乏な私に秘薬を安値で譲ってくれたりした(嬉



ちなみに私はフェンサー



フェンサーだけどさ、TCの先輩方がゲート出したりするのに
めっさ憧れて、自分もゲート出すぞと意気込んでいました。



長いのでこの辺で。
[PR]



by oo_pure_oo | 2010-04-28 07:47 | ★Memories | Comments(0)

    いつだって戻ってこれる     それがブリタニア。
by oo_pure_oo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

ヴェスパーへのお届けもの
at 2015-10-28 23:54
今更トレーダークエすと初挑戦
at 2015-10-26 00:27
kame---
at 2015-10-25 00:59
ふっしぎ~
at 2015-09-05 17:34
うにこ警備隊
at 2015-08-28 00:40

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧